まずは食事と便秘の改善から。

近年よく言われるようになったメタボリック症候群ですが、肥満や血圧、血糖値の問題を抱えている人は昔からたくさんいます。では、標準体重よりもオーバーしているかたはどうすれば良いのでしょうか。そう、カロリー制限です。食欲が少なすぎるのも問題ですが、多すぎるのは肥満の大敵です。メタボ体質のかたは、少なくとも非メタボ体質のかたに比べ食欲が旺盛だと思います。よって食欲を適正に抑えることが第1です。その方法はツボによる刺激です。医学ではツボによる治療がありますが、それと同じように、ツボによる刺激で食欲をコントロールできます。足の第2指(足の人差し指)の爪の生え際を厲兌(れいだ)と呼びます。厲兌を押したり引っ張ったりして刺激を与えることで胃腸の働きが整えられ、食欲を調整してくれるのです。食前30分ぐらいに刺激を与えると、不必要な食欲が抑えられ、肥満解消につながります。
ここまで食事の話をしてきましたが、食事と言えば便秘を思い浮かべるかたがおられるはずです。便秘もメタボの原因の1つです。便秘に悩まれているのであれば、おへその下側の左右にある腹結(ふくけつ)、おへその左右3センチから4センチぐらいに位置する天枢(てんすう)へのプッシュでの刺激が有効です。便秘は放置してしまうと、血液中へ毒素や老廃物が流れ込み、内臓機能や代謝機能に悪影響を及ぼします。ツボによる刺激で食欲をコントロールし、便秘を改善しましょう。

最近、有名なサイトはこちらです(^^♪
xn—-bgulf7j5b3551cj1vb30fi80a.com/
xn--zqst0jlxas16d1a097bfru85rmtc.com/